« 国連という夢 | トップページ | 交通安全? »

2004.03.04

要ステアリング脱着

 MR2の修理のとき、四輪アライメント調整やってもらったところ、直進性は大幅に改善された。ところがなんと直進時にステアリングが少し右に傾いているではないか。
 はて何故だろうと考え込んだが、おそらくアライメント調整ができてないときにステアリングボスを装着したからだろうと納得。
 一年前ステアリングをモモからイタルボランテに交換したとき、ステアリングが左に切れてる気がしていったんボスを外して調整したのだが、それがアライメント調整でもとに戻ったため、今度は右に切れてしまったわけだ。
 この調整では、普通ステアリングホイールはホーンボタンを外しさえすればボスに装着したままでいいはずなののだが、かつてのモモステアリング(コルセ)についていたリングを、安っぽいイタルボランテにも流用したので、ホーンボタンを挟む形でステアリングと共締めしているリングを外す必要があるんでちと憂鬱。家にはクロスレンチはあるが、ステアリング脱着のためのヘキサゴンレンチが見当たらない。なけりゃ買ってこなきゃ。

 直進性も確かめたいし、時折ホーンが鳴ったりしてもいいように広くてひと気のない駐車場で作業したいところ。

|

« 国連という夢 | トップページ | 交通安全? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/262964

この記事へのトラックバック一覧です: 要ステアリング脱着:

« 国連という夢 | トップページ | 交通安全? »