« Things We Said Today | トップページ | 戦場の真実 »

2004.05.28

イマジニア

きみはいつもそう言っていた
私のことは誰もわかってくれないって
でもぼくは思うよ
きみのことは誰にもわからない
きみはきみの言葉をしゃべってる
本当にわかってあげたいと思った
きみの想像の世界を理解しようとしたさ
見えるものしか信じられないんだよ、ぼくは
どこかにあるはずのものや
あるかもしれないだけのもの
そこにあるけど見えないものや
きみにしか見えない不思議なもの
言葉にできないせつない思い
悪いけどぼくは信じない
ぼくにわかるのは
きみがそこにいることだけ
きみがぼくの前で振る舞うことだけ
ぼくはきみの前にいるだけ
きみは本当の言葉が欲しいっていった
でもぼくのいうことはわからなかった
一度は通じたと思ったさ
きみに想いを伝えるのに
言葉を選べなくて歯がゆい思いをした
ひどく自分を責めたこともある
だから、愛の魔法なんて信じない
愛の言葉なんてのはまやかし

                ※                  ※

 もうかなり前に終わってしまったが、NHKで放送されていた「アリー・マイラブ」というテレビドラマ。主人公は理想の男性とめぐり合うことを夢見ているキャリアウーマン(弁護士)。だから感情移入はちょっと難しかったね。でも、その他の登場人物が曲者ながら魅力的な奴ばかりなので、主人公に感情移入できなくったって、登場人物の関係に自分自身の人間関係を投影できるところもあって、いつの間にかはまって見ていた。登場人物が自分と同世代の人間だということもあるのかもしれない。特に、主人公と主人公のかつての恋人で、後に劇中で死去する同僚のビリーとの会話は、自分自身の経験も思い出されてすごく刹那かったよ。

|

« Things We Said Today | トップページ | 戦場の真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/667346

この記事へのトラックバック一覧です: イマジニア:

« Things We Said Today | トップページ | 戦場の真実 »