« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.22

スポーツを見るよろこび

 オリンピックは楽しい。スポーツの持つ難しさ、面白さを再発見させられる。見ているほうまで一緒に闘っている気がしてくる。彼らの話す言葉(当然日本語だ)からメンタリティや彼らのバックグラウンドを容易に想像できるから、われわれは日本人選手に感情移入できる。偏狭な愛国心でなく、メダルの数や色でもなく、こんなふうに他人に素直に感情移入できることこそスポーツを見るよろこびなのだと信じたい。

 今日の全国高校野球の決勝もまた希に見る熱戦だった。メダリストや高校球児の活躍に刺激されて(?)、自分がやっているスポーツにも熱がこもる。とはいえ、わが疲れた肉体はアスリートのそれではなかった。昨日は週例バドミントンで、自分の汗に滑って転び、手首をひどく捻挫してしまった。だんだん腫れてきてつらいものがある。車を運転するのも難儀しているが、明日からどうしたものだろう・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.08.04

偏っている?

 ここのところまったく書いてなかった。このblogを読んでくださる方は、多少疲れてて文章が感覚的であることをご理解いただきたい。仕事に没頭するとその他のことがなかなか考えにくくなるというのはおそらく本当だ。そんな哀しい社会人になりたくなかったじゅうごの夜~♪

 先週土曜夜はそれでもバドミントン仲間で飲み会をしてそれなりに楽しかったが、体調不良のまま参加した昼間のバドミントンの疲れが取れず、また仕事でちょっときつかった。しかし今日は飯○の花火大会なので、うちの職場は会場に近すぎて仕事にならんので臨時休講。例年、夏は週末の休みが減ってしまうこともあって、このところ充分な疲労回復ができなかったから、一日中ダラダラして過ごしたのだがいい休養になった。
 今週末はやっと盆休み。土曜には遠方の友人が来るので、それまでに博○ラーメンのおいしい店をチェックしとかなくてはならない。俺のラーメンデータベースは数年前のままだ。

 夕方から3日ぶりに家のPCを起動。来るべきWindows脱却の日のため、使えるLinux DeskTopをめざして、2日に発表されたばかりのVine Linux 3.0をダウンロード。昼寝しながら家の古い富士通PCワークステーションにインストールしてみる。PentiumII 300MHzデュアル、256MBでHDDは4.3GB。FedoraCoreにはちょっときつかったがVineなら使えるかも? でも寝ぼけながらやったのでISAのサウンドカードが認識されず、Xの設定も適切なモニタが見つからなくて失敗しちまった。PCIサウンドカードに換装しての再チャレンジは時間がないのでまた今度ということに。

☆「偏ってる」

 小泉首相は「『華氏911』は政治的に偏っているから見ない」んだそうな。そりゃ盟友ブッシュうがコケにされりゃ見たくないだろうけど、「偏ってる」ってのは笑える。この言葉、昔、ある種の雑誌や映画を見てるとよく言われたよね。個人的には思想に「中道(まん中?)」なんてあるわけないと思うんで、他人に迷惑をかけない限り右だろうが左だろうが「偏ってて何が悪い」と思う。放送法から「政治的公平条項」を削除し、宣伝放送をはじめることを検討している政党の党首がなにいってるんだっての。
 マイケル・ムーアは反ブッシュのヒーローだ。 「ボウリング・フォー・コロンバイン」も痛快だった。アメリカが起こしてきた戦争のニュース映像と、バックに流れるサッチモの歌は、「グッドモーニングベトナム」を思わせて心がひりひりしたよ。今度の映画にもちょっとした覚悟がいりそうだね。

☆役者としては・・・

 ケリーさん大丈夫? ブッシュの小手先の政策にいちいち反応していて心配。もともと器用じゃないし、なにかと人騒がせなブッシュに比べりゃ話題も豊富じゃないんだから、やつの対抗馬としてはイマイチ不安。まあケリーになってアメリカの政策が急旋回するなんて幻想は抱いとらんけどね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »