« ベスランの悲劇 | トップページ | オートポリス »

2004.09.11

「まつりあげるな、とチクタクマンは言った」

 今年オリンピックが行われたギリシアは、美しい神話で知られる国であるが、興味深いのは、その文化の中でイオニア地方にいわゆる「哲学」(自然哲学)が生まれ、タレースやヘラクレイトス、デモクリトスらは、自然の神秘を神秘にとどめず、純粋に論理的思考によってついには宗教とたもとを分かったことである。

 彼ら自然哲学者は、この世(あるいは宇宙)がなぜできたのか、なにからできたのかについて考えた。

彼ら以前にはこんな感じの問いが繰り返された・・・

「それは神が作った」
「じゃあ、神は誰が?」
「畏れ多いことをいうな!」

彼ら自然哲学者は考える

「この世界の根源は、水だ。なぜなら、あらゆるものに含まれているからだ」
----タレース----

「この世のあらゆるものは流転していく、その変化の象徴は火だ」
----ヘラクレイトス----

「万物の根源は、それ以上分割することのできない等質不変の原子(アトム)だ」
----デモクリトス----

 彼らの結論は現代科学から見れば稚拙なものだが、この世の「謎」を謎で終わらせないように思索を続けたことこそ哲学の始まりとされる所以なのではないか。
 個人的には、デモクリトスの「原子論」なんてものは、電子顕微鏡などないその時代に、よくぞ思索のみでここまでたどり着いたものだと思う。

 宗教になくて科学や哲学にあるものというのは、「なぜ?」という問いだろう。無論、科学者も、科学理論も、信仰の対象になってしまってはおしまいだ(自戒せねば・・・)。
 タレースなどと同様に自然哲学者のひとりとされるピタゴラスは、「万物の根源」と考えた「数」を絶対化し、神として崇めた。またフランス革命政権も、「理性」の優位性を強調するあまり、それは批判は許さない信仰の対象になっていった。
 世の宗教というものは、はじめから宗教らしい宗教だったわけじゃないような気がする。神の前の万民平等を説くイエスやムハンマドの教えは、差別されあるいは虐げられていた人びとにとって、どれほど光となったことだろう。親鸞の悪人正機説は、善人になりたくともなれないことがわかっているふつうの人々に、どれだけ救いを与えたことだろう。

 開祖といわれる人びとは、イエスにしても釈尊にしても、彼らなりに世界と向き合い、人の世の真理を発見したと考えた、あるいは人びとを救う唯一の道だと考え、それを広めたかっただけだったのではないだろうか。

                ※                  ※

 今日、とある講習(お恥ずかしい)で自動車免許試験場に行った。休憩時間に廊下に出たところ、白いベールのようなものをかぶったイラン系かトルコ系と思しききれいな女性が、となりの教室からでてきてベンチに座り、コーランを開いていた。つい見惚れてしまったよ。

|

« ベスランの悲劇 | トップページ | オートポリス »

コメント

ブログのランキングサイトがOPENしました☆
この機会にぜひご参加の検討をよろしくお願いします。
ブロガーズ・ランキング
http://www.blogers-ranking.com/

投稿: ブロガーズ・ランキング | 2004.10.10 15:59

こんにちは。哲学者でも宗教者でもない私は、同じような考え方をする人の存在を確かめることが、生きていく上での支えであったりします。一か月ほど更新していらっしゃらないのを寂しく思っておりますが、お怪我(手首でしたっけ?)のほう、悪いのですか?

投稿: うに | 2004.10.12 00:53

Rough Tone様、いかがお過ごしですか?
最近、学生時代からの親友と飲みに行き、じくじくと話をしましたが、「俺ら、頑張ってきたつもりやけど、なんか、世の中悪くなる一方やんか!」と愚痴に終始し、悪酔いいたしました。blogでも、どうも観ていて元気になれるところが少なく、わしといえば、写真つき小説に没頭しておりますが、どうか、また活躍のほど、期待しております。

投稿: 龍3 | 2004.10.18 23:46

 ちょっと多忙な時期となり、更新ができておりません。ご心配をしてくださった方、申し訳ございませんでした。
 講習会のためまた今年も週末の休みが減る時期になってきたので、体調を整えねばと思っております。

>うにさん

 ご心配おかけいたしました。腕のほうはかなりよくなってきました。まだ握力その他は完全には戻っておりませんが、もう大丈夫です。
 今月中にはエントリを二本ほど書き上げる予定です。書きたいことはたくさんあるのですが、時間がちょっと足りませんでした。

 うにさんのブログは仕事の合間にも拝見しておりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


>龍3さん

お久しぶりです。

 時代は確実に前に、よいほうへ動いていると考えたいのですが、21世紀になっても内外ともに将来に対する展望が見えにくい状況ですね。

 でも、うにさんと同様に、私にとってもブログで様々な方に出会い、お話できることは何より力になります。だからといって傷を舐めあっているつもりはないのですが、「我々は孤独ではない」ということはなにより安心させてくれます。いつかそれがひとつの力、社会を動かす力となりえるかどうかはわかりませんが、とりあえず今日を生きる糧にはなっております。

投稿: Rough Tone | 2004.10.19 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/1407221

この記事へのトラックバック一覧です: 「まつりあげるな、とチクタクマンは言った」:

« ベスランの悲劇 | トップページ | オートポリス »