« Wish You It Could Be Christmas Everyday? | トップページ | 罪の意識 »

2004.12.06

無意識の反映

 今月から金曜日にかわって月曜が休み。体調不良もあり、昼ごろまで寝ていると、ひどくエロティックな夢を見た。俺の家で美しい女性がひどく酔っ払って意識不明になり、床に寝ている。俺とその女性以外、家には誰もいない。こぼれた酒を浴びたのか、衣服がぬれて体にはりついている。美しく心奪われるが、彼女はどうやら俺の恋人ではない。彼女に声をかけるが起きてくれない。彼女の濡れた服を脱がし、毛布をかける。俺はちょっとどきどきしている。俺は2階にある俺の部屋に上がり、彼女に着せるべきシャツを探すのだが、なぜか半袖のものか、薄手のものしか見つからない。どうやら季節は冬だ。そうこうするうちに彼女は目覚める。下着姿の彼女は彼女は気分が悪そうだ。ソファからころがり落ちる。どこか頭を打ったようだ。痛そうに起き上がる。心配する俺を疑惑の目で見る。俺は焦って目を覚ます。

 どういうわけか、この夢に出てくる俺の家は、建て替え前の古いわが家をモチーフにしているようだ。彼女が倒れていた部屋は明らかに以前の家の応接間のフロアだ。しかしその古い家にはそもそも2階というものはない。2階に俺の部屋を作ったのは現在の家になってからなのだ。そしてそもそも彼女は誰なのか。

 夢というのは、フロイトに言わせれば無意識の反映だそうだ。淫夢というほどではないにしろ、この夢はいったいなんなのだろう。俺は潜在的に女性の服を脱がせたいという欲求を強くもっているのか。
 夢判断に詳しい人の意見を聞いてみたいけど、たまにそういう人を見つけてみると、精神分析というよりどちらかというと夢占いのようで、失望してしまうことのほうが多い。

|

« Wish You It Could Be Christmas Everyday? | トップページ | 罪の意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/2171725

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の反映:

« Wish You It Could Be Christmas Everyday? | トップページ | 罪の意識 »