« Linux移行計画 | トップページ | Getting Better »

2004.12.21

抗議して生き残れ

 政府が12月14日に発表した「有事の際の国民保護指針」は、生物・化学兵器による攻撃や核兵器による攻撃を受けたときには「風下方向を避け、皮膚の露出を抑えるための手袋、帽子、ゴーグル、雨ガッパなどを着用する」などの留意点を記している。
「有事の際の国民保護指針」は首相官邸のページよりPDFファイルで入手できる。
(それにしてもなぜPDFのみなのか)

 核戦争になっても生き残れる人がどれほどいるというのだろう。自分たちだけは生き残れると信じているから、国家の指導者は手段としての戦争を容認するのだろう。

 大学時代、先輩に譲り受けた本に「核攻撃に生き残れるか 抗議して生き残れ PROTEST AND SURVIVE」(E.P.トンプソン他著 山下史他訳)がある。この本のタイトルは、英国中央情報局が作成した核攻撃に備えたマニュアル「防護して生き残れ PROTECT AND SURVIVE」のパロディになっている。面白いのは、この本は両開きになっていて、後ろからめくればこちらを読むことができる趣向であることだ。

two_tribes このパンフレットの題名は知らなくとも、80年代の洋楽が好きな人で、Frankie Goes To Holywoodの"Two Tribes"を聴いたことがある人なら、これがどういうものかわかるだろう。この曲の冒頭に出てくるのはイギリス政府の核攻撃警報である。さらに途中に出てくるフォールアウトに関するナレーションはこのパンフの「フォールアウト警報」についての説明の朗読なのだ。ちなみにフォールアウトというのは、放射性降下物のことで、いわゆる死の灰だ。
 核攻撃に生き残る? 広島や長崎の原爆でさえあれほどの被害を出したというのに、冷戦のなかはるかに進化した核兵器による攻撃は、そんなに生易しいものではない。やはり戦勝国は核兵器による被害の悲惨さを本当には意味で知らないなと思ったのを覚えている。

「核攻撃があったとき」のことを想像して備えることより、「核兵器のない世界」をつくることの必要を訴えたものだ。冷戦が終結し、全面核戦争の危機は当面は遠のいたかもしれない。しかし、大国のエゴを原因とする各地の紛争はいまだ絶えず、核兵器は明らかに拡散の傾向にある。この本はもう20年以上も前に出版されたもの。しかし我々はこの言葉が今もなお意味を持つ世界に生きている。

|

« Linux移行計画 | トップページ | Getting Better »

コメント

 我が国の政府が2007年にパンフレットを全世帯に配布するそうで。

 「風が吹くとき」という外国の古いアニメを思い出しました。

 現政府は今が21世紀だと言う事を認識出来ているんでしょうか。

投稿: 八比 | 2004.12.27 14:05

あなたもUDがん研究プロジェクトに参加しませんか?

世界中のコンピューターをインターネットでつなぎ、企業や家庭のパソコンの余った処理能力で、新たな抗がん剤の研究開発を行うプロジェクトが現在行われています。このページはそのプロジェクトを説明する非公式ページです。現在このプロジェクトには世界中で、200万台以上のコンピューターが参加しています。
現代では、日本人の半分ががんになり、3分の1ががんで死ぬと言われています。あなたはがんになる、これは半分の確率で当たる予言です。
がんになるかもしれないあなたとがんになるかもしれない私で、がんの研究をお手伝いしませんか?

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3969/index.html
http://ud-team2ch.net/index.php?%A4%CF%A4%B8%A4%E1%A4%CB

投稿: コーコク | 2004.12.30 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/2329415

この記事へのトラックバック一覧です: 抗議して生き残れ:

» 核攻撃を受けた場合に風下を避けよだと、マジかよ [裏・21世紀の歩き方大研究]
なにか悪夢を見ているような違和感に襲われる。政府が14日発表した、有事の際の国民 [続きを読む]

受信: 2004.12.22 14:26

« Linux移行計画 | トップページ | Getting Better »