« 土星射病に気をつけろ | トップページ | いつぞやありしか »

2005.01.22

Partime Lover

 長い付き合いのクルマ、AW11が2回目のエンジン交換をおこなう羽目となり、入院していたことは以前ここにも書いた。こいつが20日にようやく戻ってきた。エンジンもずいぶん若いやつにかわって、心機一転またしばらくお付き合い願うことになった。
aw004s.jpg
AW11型MR2 もはや21年オチ

 さて、その間修理を依頼した某ディーラーから代車が都合2台ほど出してくれていた。AW不在の最期の一週間をともに過ごしたのは、これがなんとたった300キロほどしか走っていない、新車の匂いのするバリバリのトヨタ・シエンタというワゴン。

sienta001

 コクピットは豪華で、タコメータもついている。かなりの上位グレードらしい。排気量は1500ccということだったが、結構力があって乗りやすかった。

s-meter
 トリップメーターではない。オドメーター。
まだ慣らしも終わっていない新車ということね。


 一目見てでけえなあと思ったが、実際はうちのAWより10センチほど長いだけ。AWに比べるとホイールベースが非常に長い気がする。実際長いのであるが、おかげで車内は驚異的に広い。

sienta002
sienta003
 現代の車に疎い俺は、悲しいことにリモートドアロックやタッチパネルによるオーディオ&カーナビ、意外と力のある現代の1500ccエンジンにいちいち感動してしまう。いまどきそんなんあたりまえじゃんと言われそうだ。
 仕事が多忙を極めているときでもあり、最終的にはこのクルマにおよそ10日間、350kmほど乗った。いや乗せてもらった。代車とはいえ新車に乗るのは楽しかった。

 でも、AW11が帰ってくると、「クルマはやっぱりコレだよな」などと思ってしまうので、我ながら大馬鹿である。

|

« 土星射病に気をつけろ | トップページ | いつぞやありしか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/2655665

この記事へのトラックバック一覧です: Partime Lover:

« 土星射病に気をつけろ | トップページ | いつぞやありしか »