« 揺れる大地の、ユレルココロ | トップページ | 玄界灘にて »

2005.04.06

「薔薇の名前」

nameofrose ジャン=ジャック=アノー監督「薔薇の名前」を昨日(4日深夜)NHK BSで久々に見た。構造小説的な趣のあるウンベルト=エーコの原作小説を、映画は14世紀の修道院を舞台にした興味深いミステリに仕上げている。十数年前の映画とはいえ、未見の方にネタバレになっては困るので、ここで物語の結末は書かないが、この映画は欧州諸国の合作であるだけに、ヨーロッパ中世の雰囲気をよく描けている。
 もちろん何度も見ているはずなんだけど、今回は第264代ローマ法王ヨハネ=パウロ2世が亡くなったばかりなので、いろんなことを考えながら改めてこの映画を見た。

 教会の腐敗、中世の教会の女性観、法王庁とフランチェスコ会の清貧をめぐる議論、フランチェスコ派とドミニコ派の教義の解釈の違いなども散りばめられ興味深い。また、修道会が修行の一環としておこなっていた文献の翻訳や写本も物語の重要な要素として描かれている。特にギリシア哲学の保存者としての修道会の立場と、それらと教会の教義との矛盾がこの物語の重要なカギとなっている。

 キャストでは、かつて異端審問官だったが、ある事件によってその座を追われたフランチェスコ派修道士、バスカヴィルのウィリアムを、ショーン=コネリーが陰影深く演じている。彼は、法王庁の使者との論争をおこなうべく滞在中であった北イタリアのドミニコ派修道院で、数々な奇怪な事件に遭遇する。彼とクリスチャン・スレーター演じる弟子のアドソは、結果的にこれらの事件を推理していくことになる。ウィリアムが当時最新のテクノロジーであったと思われる眼鏡(老眼鏡)をかけ、砂時計やアストロラーベほか当時最新のさまざまなテクノロジーをひそかに携帯しているあたりは、中世にも息づいていた科学的な見地を象徴しているようにも思える。そして明らかになっていくのは、一連の恐ろしい事件は悪魔の仕業などではなく、人間の仕業であるという事実。

 異端審問や異端者の火刑も描かれる。火刑は公開のもとに行われた。ヨハネス=ケプラーの母も魔女として裁かれたことは以前に書いたが、月は真っ赤な焼けた石であるといった天文学者ジョルダーノブルーノも、宗教改革のさきがけであったベーメンのフスも、異端として火刑に処せられた。
中世の異端審問や魔女裁判では、結論ははじめから出ていた。ゆえにあらゆる証拠が当事者にとって不利にはたらくよう誘導される。そして異端を擁護したものもまた異端とみなされるのだ。個人的には、昨今のリベラルなブログに対する陰湿な攻撃はこれを思わせるものがあると思うよ。

johannes_paulusii ヨハネ=パウロ2世が、進化論を認め、中世の異端審問のあやまりやガリレオ=ガリレイへの宗教裁判に対する謝罪をおこなったのは画期的であったとあらためて思う。カトリック数百年の歴史を背負っていた法王がここまで認めたことは評価すべきだろうね。一方で妊娠中絶や避妊、女性の聖職叙任などについての法王の立場を保守的と批判する向きもあるけど、これは教会にとって未来の課題なんだろう。
 「戦争は人間の仕業です。戦争は人間の生命の破壊です。」広島で平和のメッセージを発信した法王の姿は、無神論者である俺にとっても忘れ得ない。戦争もまた悪魔の仕業ではなく、人間の仕業である。

|

« 揺れる大地の、ユレルココロ | トップページ | 玄界灘にて »

コメント

TB有り難うございます。何度見ても、とっても楽しめる映画ですね。まあ、楽しめると言っても、エンターテイメントというよりはなにか深い感慨を覚え、考えさせられるタイプの作品ですが。
特異な事件なのに、ある時代の一場面を切り取ったかのような妙なリアリティーが生々しく、人間の叡智といったものを改めて考えさせられました。

投稿: alice-room | 2005.04.07 17:15

TBとコメントをいただき、有難うございます。
もう何年も前に見た映画でしたので、印象でしか覚えていなかったのですが、記事を拝読して、具体性が蘇ってまいりました。
有難うございます。

投稿: ahaha | 2005.06.14 04:30

>Rough Toneさん
TBとわざわざのコメントありがとうございます。
Rough Toneさんのレビューは時代背景など
からめてかかれていて、とても勉強に
なりました。
やはり、こういう時代のことは背景や実在の
人物をある程度把握して観た方が
いいのかもしれませんね。

また学ばせてもらいに読ませて
いただきます。

投稿: ユカリーヌ(月影の舞) | 2005.06.14 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/3584698

この記事へのトラックバック一覧です: 「薔薇の名前」:

» 薔薇の名前(映画) [叡智の禁書図書館]
いやあ〜ほんとずいぶんと前に見た覚えがあり、その時も傑作だと思いましたが、改めて今見ると素晴らしい出来だなあ〜と感動します。(DVDはおまけの解説が秀逸!エーコ... [続きを読む]

受信: 2005.04.06 22:12

» 空飛ぶ聖座  [瀬戸智子の枕草子]
ローマ法王死去のニュースが流れました。 私は信者ではありませんでしたが、ローマ法 [続きを読む]

受信: 2005.04.08 09:57

» ラッセル・アインシュタイン宣言 [瀬戸智子の枕草子]
今年は国際物理学年です。 近代物理学の礎となったアルバート・アインシュタインが相 [続きを読む]

受信: 2005.04.16 13:24

» 薔薇の名前 [月影の舞]
「薔薇の名前」   1986年/フランス、イタリア、西ドイツ   監督:ジャン・ジャック・アノー   原作:ウンベルト・エーコ   出演:ショーン・コネリー、クリスチャン・スレーター   中世のある教会を舞台に謎の連続殺人事件解明に のり出す中年の僧と見習修道士の姿を描く。 二時間飽きることなく画面にひきつけられた映画。 「黙示録」になぞられて起こる連続殺人事件の ... [続きを読む]

受信: 2005.06.13 10:57

» 「薔薇の名前」 [◆Ahaha堂本舗◆]
                      小説: 薔薇の名前〈上〉      DVD: 薔薇の名前 特別版        著者:ウンベルト エーコ    監督:ジャン・ジャック・アノー         訳者:河島 英昭        出演:ショーン・コネリー &nb... [続きを読む]

受信: 2005.06.14 04:32

» [情報の評価]『薔薇の名前』の時代、「1439年・東西統一公会議」の現代的意味(2) [toxandriaの日記]
<注>この記事はB/Nですが、内容は大幅に書き換えてあります。(posted 2004.2.10 News-Handler) 【画像】Benezzo Gozzoli(1420−1498)、ゴッゾーリ『東方三博士の礼拝/Processin of Magus』(部分) 1459   ウンベルト・エーコの小説『薔薇の名前』の舞台となった「1327」年から113年後の1439年に、ビザンツ(東ローマ帝国)皇帝ヨハネス・パレオロガスを筆頭に、多くの司教・神学者・官僚たちの700人を超える大集団がコンスタ... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 05:02

« 揺れる大地の、ユレルココロ | トップページ | 玄界灘にて »