« 憲法についての覚書 | トップページ | PC-9821Xs »

2005.05.06

LinuxとBigBlueの不思議な関係

 連休が終わったからというわけじゃないけど、久しぶりにLinuxやPCのお話でも。

Screenshot2_2

 つい最近、いままでLinuxデスクトップとして使っていた機械より、ちょっとだけマシなセコハンPCが手に入った。Vine Linuxの入ったハードディスクごと移植したんだけど、kudzuがうまく働いてくれていとも簡単に起動に成功した。これまではPentiumIII450MHzだったのが、このたびCeleron667MHzになったことになる。CPUのグレードとキャッシュの量は落ちるんだけど、単純に速くなったと感じるね。200MHzの差というよりも、ディスクアクセスがこっそりATA33からATA100になったから、こちらの影響のほうがむしろ大きいのかもしれない。いずれにしても、Pentium4が数GHzいってる時代の話題じゃないかな。
 最近、いくつかのディストリビューションでX Windowを使うと、Windows2000やXPよりかなり重くなるのには少々凹んでいたんだけれど、Vineのデスクトップ環境はカーネルが2.4系なんで、XとgnomeやKDEを使ってもメモリは256MBでも充分速い。


big_brother

 かのIBMが数年前にこんなフラッシュを公開している。1984年のMacintosh登場時、スーパーボウルのCMでAppleにBigBlueならぬBigBrotherとまで揶揄されたあの巨大企業が、今や広告CMとはいえPeaceだのLoveだのと叫んでいる。なんという皮肉。
 この会社、最近日本企業や中国企業にPCハードウェア部門を売り払って、ソフトウェアサポート中心のソリューションに事業形態を変えていっているらしいけど、すこし前からオープンソース推進の立場をとってLinux陣営の応援団になってる。本当にあなどれないね。このおそるべき企業は・・・。
 IBMといえば、映画「2001年宇宙の旅」"2001 A Space Odyssey"(1968)に登場する、知性をもったコンピュータ、「HAL」の文字をアルファベットで一文字ずつすすめると「IBM」っていうのは有名なお話。

 個人的には、昔も今もアメリカ製品買うのは嫌なので、PCは当時国産だったNEC機を長く使っていたけれども、PC-98が消滅し、俺も都合4台のIBM製デスクトップPCを使った。IBMの機械の丈夫さに感心したのを覚えている。分厚い鉄板のミドルタワーケースは、なんと踏み台にすら使えたんだよ。
 今ではさすがに古くなり、残っている3台ともすべてケースを残してマザーボードから電源にいたるまですべて交換されてしまっている。さきに述べたのLinux PCもじつはIBM Aptivaのケースに市販のマザーボードを入れたものだ。

|

« 憲法についての覚書 | トップページ | PC-9821Xs »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LinuxとBigBlueの不思議な関係:

» 「Windows2000」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 Windows2000 」の検索結果で、「Passing Strangers .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005.05.11 06:37

« 憲法についての覚書 | トップページ | PC-9821Xs »