« 「きけわだつみのこえ」 その1 | トップページ | 「きけわだつみのこえ」 その3 »

2005.07.01

「きけわだつみのこえ」 その2

その2

 さて、前回のエントリは一体なんだったのかという疑問もおありだろうと思う。じつは、俺にとって、読もうと思った本をいつどこで読むかということは結構重要であったりする。

 高校の修学旅行のさなか、列車の中で友人と騒ぐのにようやく疲れたころに読んだ、ランボー「地獄の季節」。志望大学を決定するべく迷っているさなかに読んだ奥浩平「青春の墓標」や高野悦子「二十歳の原点」など学生運動活動家たちの手記。80年代の学生にはもはや政治の風はまったく吹いていなかったんだけれど、少なくとも俺は進路についての打算からの学問ではなく、見者となって世界を見わたせるような学問をやりたいと思っていた。なにしろ若い頃は時間は無限にあるように考えられ、なんでも学びことができ、なんでもできそうな気がしていた。時間が無限にあるわけじゃないことは、大滝詠一の歌ではないが、年齢を重ねなければわからない。次第に時間が惜しくなってきている今日この頃である。

 チェ・ゲバラではないが、バイクという名の、何処へでも(望みさえすれば地獄にさえも)行ける相棒を得た学生時代の俺にとって、あのちょっとした冒険旅行にさえ、自分がいまここで確かに生きているのだということがおどろくほど実感できた。まして戦車や戦闘機に乗り、戦火に散っっていった、当時の俺と同じくらいの年齢の若い学徒たちが、戦場という極限の場所で、自らの生と死にどう向かい合ったのか想像するにも余りあった。旅先でこれらの手記を読んで、旅愁もあってひとり涙したのを覚えている。前回も書いたように、当時携帯した岩波文庫版のそれは、旅先でなくしてしまったのだが・・・。
 ゆえに、俺は自分の学生時代というバックグラウンドなしに、この手記を思い出すことはできないのだ。

 ごめん、次回こそは、本題に入ろう

|

« 「きけわだつみのこえ」 その1 | トップページ | 「きけわだつみのこえ」 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/4785440

この記事へのトラックバック一覧です: 「きけわだつみのこえ」 その2:

« 「きけわだつみのこえ」 その1 | トップページ | 「きけわだつみのこえ」 その3 »