« 君死にたまふことなかれ | トップページ | 「インテリジェント・デザイン」を唱える人々 »

2005.07.27

Young Karl Marx

 今日は、マルクスについて書く。ある種の人びとには鼻で笑われそうだが、ちょうど瀬戸智子さんがマルクスについて書いておられたのにしっかりインスパイアされたのだから仕方がない。

木原武一「ぼくたちのマルクス」

 マルクスといえば、その文章が難解なことでも知られるが、この本は1994年刊行のマルクスの初歩的な入門書である。マルクスという人の生い立ちや、マルクスの思想における重要なキーワードのほか、マルクスの思想がバブル崩壊後の現代の日本にもつであろう意義についても平易な解説がなされている。学生に、マルクスについてなにかいい本はないかと質問されると、まずはこの本を奨めているのだが、若い人だけでなく、マルクスに再挑戦しようとしている大人たちにも是非読んでもらいたい好著だと思う。

 この本に紹介されているエピソードで興味深いのは、マルクスがロンドンに亡命し、大英博物館の図書館で膨大な文献を読んでノートに取る作業を地道につづけていた頃、詩人ランボーも、ロンドンに来てこの図書館を利用していたらしいということ。「およそ対照的なこの二人がことによるとすれちがったり、隣りあわせに座っていたりしたかもしれないなどと想像するのも面白い」と木原氏は書いている。当時詩人は17歳であった。

 17歳といえば、この本に紹介されている、マルクス自身が17歳のギムナジウムの学生であったときの言葉にも俺は惹かれるものがある。

「われわれは、人類のために最善の働きができる立場を選ぶなら、重荷のために挫折することはありえない。重荷は万人のための犠牲に過ぎないからである。そのときわれわれが享受するのは、貧しく狭い、利己的な喜びではなく、われわれの幸福は幾百万人のものであり、われわれの行為は静かに、しかし、永遠に生きつづけ、我々の遺灰は高潔なる人びとの熱い涙でぬれるであろう」

なかなか熱いじゃないか、カール青年。
こういうこと、今の俺にはちょっと書けないかもな・・・。
でも、そう信じた頃も確かにあった。

|

« 君死にたまふことなかれ | トップページ | 「インテリジェント・デザイン」を唱える人々 »

コメント

こんにちは。
マルクスはかじってすらいないのですが、今度、その本を探して読んでみようかと思います。最近は、残りの人生で何冊本を読破できるかなんてことを考えつつ、読書意欲が沸いていますので。

投稿: 闘うリベラル | 2005.07.27 10:50

闘うリベラルさん こんにちは

>>マルクスはかじってすらいないのですが、今度、その本を探して読んでみようかと思います。

 著者は「マルクスを革命のために役立てた人々もいたが、私は自分の生き方を考えるために役立てたい」と書いています。マルクスを読むというと、いまだにこの国ではなにか禁断の書に触れるようなアホな語られ方をします。マルクスを革命家でなく、哲学者としてみるならば、サルトルやフーコーを読んだりするのと本質はあまりかわりないように思うんですけどね。

>>最近は、残りの人生で何冊本を読破できるかなんてことを考えつつ、読書意欲が沸いていますので。

 私も 闘うリベラルさんと同じようなことを考えていました。ほんと人生の時間が惜しくなってきましたね(笑)。

 21世紀の現代になってもなお、この世界には財産だけでなく、余暇さえもひどく偏在しています。忙しい中であれ、できるだけ多くの本を読もうとすることは、衆愚化をすすめようとする勢力に対するささやかな抵抗になりうるかも知れません。

 この本にも紹介されていましたが、マルクスは「人間はひとつの職業にしばられているのではなく、なんでもできる人間でなければならない」といっています。本当は現代の地球上にこれだけ生産力があるのだから、世界中のもっと多くの人が、平賀源内やダ=ヴィンチやコクトーのように「なんでもできる人」になれるはずだと思います。

 私も自分の生活に密接なことから、大宇宙の神秘まで、知りたいことはいっぱいありますので、人生に残された時間と戦いながら、しばらくは本能の赴くままに読書生活をおくってみようと思っています。

投稿: Rough Tone | 2005.07.29 02:11

こんにちは。「ぼくたちのマルクス」買ってきました。いい本のご紹介、ありがとうございました。

投稿: うに | 2005.08.21 13:27

こんにちは、お久しぶりです。

>>いい本のご紹介、ありがとうございました。

 いえいえこちらこそ。いつも「壊れる前に」を興味深く拝読させていただき感謝しております。

 ブラジルでルラが苦しめられているという記事、読ませていただきました。妄想ですが、キューバだけでなく、ベネズエラやブラジルなどをたいそう迷惑がっているどこかの国が政権のスキャンダル探しに暗躍してそうな気もします。

投稿: Rough Tone | 2005.08.23 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/5171076

この記事へのトラックバック一覧です: Young Karl Marx:

« 君死にたまふことなかれ | トップページ | 「インテリジェント・デザイン」を唱える人々 »