« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.28

「科学的思考」と「科学万能主義」

 tenjin95さんのブログ「つらつら日暮らし」から、さきに書いた「インテリジェント・デザインを信じる人々」というエントリに興味深いトラックバックをいただいた。tenjin95さんは仏教系の研究所に勤務する研究者だそうで、僧侶でもいらっしゃる方だという。非常に興味深く拝読したが、いくつか俺の思ったところを書かせていただくことにする。

>>必要なのは、世界の有り様を観ていく智慧と、智慧をたゆまずに発現していくための修行です。修行しなければ発現しないのか?といぶかる方がいるかもしれません。例えば“科学的思考”などを強硬に振りかざす方が、まさに不要と叫ぶでしょう。

 このブログで俺はまさに「科学的思考」の立場を何度も振りかざしてきたわけだが、俺がtenjin95さんとは異なっている点は、「科学的思考」と「科学万能主義」は大きく異なると考えているところである。後者の立場は、じつは科学的思考でもなんでもなくて、一種の狂信ともいえなくはない。「科学的思考」と「科学万能主義」について、俺の感じたことを少々コメントをさせていただこうかと思う。

>>最も合理的な生き方は、必要があったときに自分の思考法を変えることであり、拠り所としている特定の領域を疑い、破壊し再建する労苦を厭わないことです。

 本当にもっともなことだと思う。でも、これは科学の歴史にもあてはまる。科学の理論の歴史もまさに「諸行無常」の歴史なのだから。

 「科学的思考」とは、ある時点での観測された事実と、それから推測される事柄からものごとをできるだけ正確に知ろうとする手段であると思う。時代が変わり、新しい事実がわかれば、理論は破綻し、あたらしい理論に取って代わられる。科学は時代性をもった道具であって、絶対的な価値基準なんてものじゃない。

 仏教でいう「諸行無常」が、あらゆるものはやがてが壊れ、流転していくということに根ざした主張なら、tenjin95さんはおわかりになっていただけると思う。「物理法則」というのはなにも「神の裁きの手段」ではなく、「諸行無常」の真理とおなじように、「見える世界だけでなく、見えない世界までも、できるだけ正確に知ろう」というときに、一種のものさしとなるものであると、俺は考えている。

>>科学万能主義も宗教万能主義も要らない。むしろ万能なんて事があり得ない、事象の限界を見定めて、限界の中でどうするかを考えて生きていきたい拙僧でした。

 多くの科学者も、決して自分では行くことができない世界のことを考えたり、生きている間にはおそらく解明できないであろう多くの謎に取り組んでいる。俺も「事象の限界を見定めて、限界の中でどうするかを考えて生きていきたい」という考えには大いに賛成できる。

 そういう意味では、「科学は万能である」などという科学者がいたとしたら、その科学者は歴史の残る新発見ができるようなすぐれた科学者じゃないだろう。ガリレイやアインシュタインも当時の科学界に巣くう守旧派に攻撃された。彼らの立場は宗教改革者を否定し、旧い教義にしがみついたある種の宗教者たちと同じである。

 tenjin95さんに対して反論めいたことを書いてしまったが、先に述べたように、俺はこの記事だけでなく、tenjin95さんの文章をいろいろ興味深く拝読したのも事実だ。じつは科学と宗教の問題を考える上で、興味があるのは仏教の思想だ。俺の尊敬する科学者、故カール=セーガンは、晩年ダライ=ラマとながい対談をおこなった。また科学者でSF作家のアーサー・C・クラークも、未来社会には一神教はもはや支持を失い、仏教しか生き残っていないような社会のことを書いている。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.08.23

「識者」の本質

夏休みもラストスパート。仕事がやや忙しいので、もう寝ようと思う。
だから今日は一言だけ。

愛読しているブログのひとつ「世に倦む日々」より
「最近のテレビや新聞の政治報道で気になるのは、上の筑紫哲也の話とも関係するけれど、企業経営者や経済団体幹部の発言は傾聴すべき国論として尊重されながら、労働組合の主張は一部の特殊な利益集団の声として卑蔑され排斥されている状況である。」

 この記事にまったく同感だ。俺たちは独裁者の誕生という歴史的事件を目撃しているのかもしれない。財界人などを無闇に「識者」などと呼ぶ風潮には虫唾が走る。連中はもはやその本質を隠さない。

諸君、今回の選挙、努々後悔することなかれ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005.08.21

ブログと選挙

 インターネットがメディアとして影響力をもつようになって以来、選挙とネットの関係についてはいろいろ議論がなされている。特にブログの社会的な影響力は注目されているが、今回ライブドア・ブログが発表した今回の衆議院選挙についての声明にはひどく違和感を感じた。これでは事実上の検閲を宣言しているに等しい。さまざまなブログサービスの規約をすべて読んだわけじゃないし、昨年の参議院議員選挙の時に、ライブドアを含む各ブログサービスがなにを言っていたのかというのも不覚にも覚えていないんだが、今回あの社長が衆議院議員選挙に立候補したことも影響しているのだろうか。

 もしかしてこのブログを置いているブログサービス、ココログの運営者である@niftyもこの問題についてなにか発表しているかと思い、ココログのトップページにも行ってみたんだけど、@niftyは特に声明を出してはいないようだった。著作権その他についての各ブログサービスの考え方、あるいはそれにもとづく規約などの違いなどがあるのかもしれない。

 ライブドア・ブログを使用しているユーザーの一部には様々な反応がみられるようで、開設者が選挙に関してコメントした記事を自主的に修正したり削除したりする動き、あるいはブログ自体を閉鎖したり移設したりする動きもあるようだ。

 マスコミに登場する有名人もでない個人が、ブログで政党や候補者にささやかな支持表明あるいは異議申し立てしたとしても、それはおそらく表現の自由の領域の問題であって、規制の対象にあるべきものではない。ブログを含むWebサイトというのは、ブラウザに直接アドレスを指定するか、どこかにリンクされているアドレスをクリックしてやってくるしかない。これはいわば本屋で本を探すようなものだ。興味をもって自分で探し出すか、どこかで偶然見つけ出すかしかないのだ。本屋にさまざまな思想にもとづいて書かれた本があるように、ネット上のサイトに左右さまざまな主張があるのもあたりまえだ。公職選挙法違反についても、それが個人のブログであるかぎり、執筆責任はその個人に帰結されるべきで、選挙違反かどうかという判断が実際に司直の手によっておこなわれる以前に、一律に規制され、一方的に削除されるようなことがあるべきではない。

 そういう意味ではむしろ、各ブログサービスには、ブログ開設者の意図に反する、誹謗中傷記事からの悪意を持った一方的なトラックバックや、執筆者への匿名の圧力ともなり得る中傷コメントこそ問題視してもらいたい。これらを書きなぐる連中の悪辣さは、投票日の前の晩に、特定の候補者や政党の悪口を書いた違法なビラを密かにまくような連中と同じか、それ以上である。

| | コメント (6) | トラックバック (18)

2005.08.16

終戦記念日に

 この国を悲劇へと導いた愚かな指導者への恩赦がはじまっている。東京裁判を全面否定し、60年前に終わった戦争を「仕方がなかった」あるいは「大義があった」として合理化しようとする立場だ。彼らの亡霊は、あきらかに息を吹き返しつつある。それを必要とする人々の手によって。

 一世紀も前に、フランスの作家ロマン・ロランは、その小説「ジャン・クリストフ」の中で、普仏戦争後のフランスに渦巻いていたドイツへの報復への怨念について次のように書いている。

「あらゆる国民の歴史のあらゆる時代になされたことのある類似の犯罪行為の実例をもち出すことによってドイツのばあいを弁護しようとはクリストフは考えなかった。言いわけをすることがかえって恥であるような、そんな言いわけを見つけ出そうとするにはクリストフの自尊心はあまりにも大きかった。人間性が成長するにつれて人間の犯罪はますます醜悪の観を呈する。なぜなら、それらの犯罪はますます多くの啓蒙的な光に照明されるのだから。-----
 -----このことを、クリストフは知っていた。しかし彼はまた、次のことも知っていた-----もしもフランスのほうが戦勝者だったとしたら、勝利者としてのフランスの処置はドイツがした以上に穏和なものでもあるまいということ、そして、犯罪的行為の因果の連鎖へまた一つ新しい輪がつけ加えられるだろうということを。こんなにして悲劇的な争いが果てしなくつづくことになり、ヨーロッパ文明の持つ最良のものがそのために滅びる危険がある。」
--------ロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」片山敏彦・訳--------

 クリストフの時代から一世紀、クリストフの危惧は二度も現実のものとなった。第一次世界大戦とヴェルサイユ体制。イギリス、フランスの過酷な要求はドイツ国民を疲弊させ、ナチスの台頭を許した。二つの世界大戦と、それに伴う無数の犯罪行為は、彼の知るそれをはるかに凌ぐものとなってしまった。21世紀の現在なら「ヨーロッパ文明の持つ最良のものがそのために滅びる危険がある。」という箇所の、「ヨーロッパ」を「アジア」あるいは「世界」に置きかえることも可能だろうか。

 しかしヨーロッパは今、ようやく数世紀にわたる戦争の時代から解放されつつある。少なくとも独仏は、かつての数世紀にわたる憎悪を再びたぎらせるようなことはないかのようにさえ感じられる。
 翻ってこの日本を含む東アジアはアジアはどうであろうか、過去への反省をまともにおこなわないこの国では、「東アジア共同体」の夢を語ることさえ一部の勢力に嘲笑されかねない状況だ。

 そんなことを考えた俺の終戦記念日は、NHKのジョン=レノンの特集番組を見終えたところで短い休暇とともに終わった。明日から再び仕事に戻るので、もう寝なければならないのだが。

| | コメント (6) | トラックバック (17)

2005.08.09

ふたつの都市をめぐる運命

 長崎には、伯父一家が住んでいる。父と同じく、佐賀県の有田生まれだが、のちに長崎へ移り住んだ。幼い頃父や伯父に連れられて、いとこたちと一緒に長崎のいろいろな名所につれて行ってもらったようだ。おぼろげな記憶にあるのは26聖人殉教の地や、グラバー邸に行ったこと。それらの写真にまじって、長崎の平和祈念像の写った写真がアルバムに残っているのだが、俺自身はこの場所へ行ったことをまったく覚えていない。

nagasaki

 大学生になってから、祈念像と対面した。長崎の街は全般的に駐車場が少なく、坂道が多くて慣れないと自動車ではやや移動しにくい街だが、このときはバイクだったのでわりとスムーズに移動することができた。そして改めて目にした平和のモニュメントは、想像以上に巨大で力強く、とても感銘を受けたのを覚えている。


 そういえば、長崎の原爆をめぐるもうひとつの小さなモニュメントが、俺の住む街にある。

 プルトニウム原爆「ファットマン」は、小倉市(現・北九州市小倉北区)が初期の目標であったが、当日になって急遽長崎に変更された。天候不順が原因だとよく言われているが、じつは前日に行われた八幡への爆撃によって起こった市街地の火災の煙が小倉方面へ流れ、原爆投下の任務にあったB29ボックスカーから投下目標地点の目視確認が不可能だったというのが真実のようである。

 八幡製鉄所のあった八幡への空襲というのは、1944年6月16日にはじめておこなわれ、このとき八幡の市街地もおよそ焼けてしまっていた。当時八幡にあった俺の母方の祖父の家も例外ではなく、この爆撃によって焼けてしまい、一家は焼け出されたと聞かされた。誰も死ななかったのが不幸中の幸いであったということも。その後、祖父一家は嘉穂郡小竹町への疎開をへて、戸畑市に転居する。

 1945年6月1日、米国陸軍航空軍はなんとその八幡製鉄所爆撃一周年を記念して、もういちど「八幡製鉄所を目標とする記念爆撃」なるものを行おうとしたらしい。「記念爆撃」という言葉は、日米両軍にあったであろう、戦時の異常な心理が感じられる、非常にいやな言葉である。

 しかし、このときは天候不順で果たせず、かわりに兵庫県の尼崎市が攻撃目標となり、尼崎は壊滅的な被害を受けたという。

 それにもかかわらず、八幡は再び爆撃される。1945年8月8日夜のことだ。一度はうまくいかなかった「記念爆撃」をなんとか今度は成功させようということらしい。やけに執念深い。果たして八幡は再び爆撃され、それによって生じた火災の煙は翌日まで消えることはなかった。

 プルトニウム原爆「ファットマン」の第一目標である小倉には、通常爆撃を厳禁する命令が出されていたらしい。しかしわずか数キロしか離れていない八幡市に対しては特に爆撃禁止命令は出されていなかった。小倉と八幡は当時別の市であったが、工業地帯や市街地は八幡、戸畑、小倉をまたぎ、製鉄所を中心に洞海湾をとりかこむようにひとつにつながっている。結果的に八幡が爆撃されたことで、翌日の小倉への原爆投下は回避されたことになる。俺は八幡に生まれ育ったので、子どもの頃から家庭や学校でこの話はよく聞かされた。

 八幡の身代わりに尼崎が空襲を受け、さらに小倉の身代わりに長崎に原爆が投下されたわけである。それぞれの場所に住んでいた人々のその後の運命は、なんと大きく異なってしまったことか。

 現在、北九州市役所ちかくの勝山公園にある市立中央図書館の敷地には、小倉と長崎というふたつの都市をめぐるこの数奇な運命を感じさせる記念碑が建てられている。1945年当時、旧陸軍の造兵廠小倉工廠がここにあった。 造兵廠は1927年から1945年まで約12年間使われ、戦争末期には大人にまじって学徒動員の中学生や女学生までも工場で働いたという。この造兵廠がまさに原爆の当初の目標地点なのである。

 毎年8月9日になると、ここで「長崎の鐘」と呼ばれる鐘が鳴らされ、長崎の原爆犠牲者を追悼する慰霊祭が行われている。

 そして、今年もまたその日がやってきた・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (5)

投票日が9.11とは・・・

900人近くが出馬準備 少数激戦の見通し

 第44回衆院選には、共同通信社の8日までの調べで、小選挙区、比例代表を合わせ約890人が立候補の準備を進めている。
 小泉純一郎首相は郵政民営化関連法案への反対者を公認しない意向を表明、自民党は反対議員の選挙区に対抗馬を立てる方針。一方、民主党も300小選挙区すべてに候補者を擁立するとしており、最終的には1159人が立候補した前回並みで、480議席を争う少数激戦になる見通し。
 自民党は、郵政民営化実現をマニフェスト(政権公約)の柱に据え、民営化断行を前面に掲げて戦う。武部勤幹事長は8日の記者会見で、自民、公明両党で過半数の獲得を目指す考えを表明した。選挙戦では「改革推進」か「改革つぶし」かの見極めを有権者に求める戦略で、7月の衆院本会議採決で造反した51人の議員に対しては、厳しい処分で臨む構え。
(共同通信) - 8月8日21時59分更新

---------------------------------

<靖国参拝>次期衆院選での争点にならず 小泉首相会見

 小泉首相は8日夜の会見で、中国や韓国から反発されている靖国参拝について「一靖国神社の問題が日本と中国との全体の関係であるとは思っていない。靖国参拝を争点にする気はない」と述べ、次期衆院選での争点にならないとの見通し示す。「8月15日に参拝するか、投開票日までに参拝するか」との質問には答えなかった。
(毎日新聞) - 8月8日23時14分更新

---------------------------------

 靖国神社参拝が争点でないってのは、あんたらが決めるんじゃない。なにを基準に政治家を選ぶかってのは有権者に一任していただきたいものだ。同様に、あんたの執着する郵政民営化だって、争点かどうかは有権者が決める。お仕着せはいらない。

 小泉さん、あんたを倒すために必ず投票に行くからな。
 9.11 日本の民主主義が試されるときだ。

| | コメント (3) | トラックバック (17)

2005.08.06

涙の流れるままに

 今日は広島慰霊の日。毎年、平和祈念式典の中継を見ながら、これまで本で読み、学校の平和教育や、学生時代に広島や長崎で見聞きしたことをもとに、原爆の惨状を想像する。だが、現実のそれを知ることはできない。
 だが、もどかしくとも、想像することをやめるわけにはいかない。戦争も原子爆弾の惨禍も、現代へとひとつづきの世界の歴史の中でおきたことなのだ。はるか古代の大災害のような、風化した記憶にしてはならない。

 秋葉・広島市長の平和宣言は素晴らしかった。人類は核兵器について相変わらず懲りていないように見えるけれども、格調高いこの宣言を聞けば、まだなんとかなりそうな気がしてくる。毎年この式典を厳粛に受け止めることで、日本人としてなんとか歴史に向き合うことができる。

 しかし、わが国の首相のあいさつは例年のごとく、中身のまったくない虚ろなものだった。この男が喋り始めると、怒りのあまりテレビのチャンネルを思わず変えたくなってしまうのも例年どおりである。
 唯一の被爆国の首相がこの式典に来ないとなると批判を浴びるからいやいやながら来るのだろうけれども、こんなにブザマな挨拶をするくらいなら、官房長官かなにかに代わってもらえばよい。60年たった今も原爆症に苦しみ、高齢にもかかわらず式典に参加する多くの被爆者の感情を逆撫でするよりましだ。

 そういえば、昨夜の原爆についての筑紫哲也の番組には、綾瀬はるかが出演していた。きれいな女優さんだ。広島出身で、祖母の姉は被爆して亡くなったという。話を聞く彼女の眼はとても真摯に見えた。

 ポカリスエットのCMで見る綾瀬はるかは輝くように美しい。あの若くきれいな体が、一瞬にしてひとつの肉片にかわったとしたらどうだろう。あるいは、あの日に死ななかったとしても、灼熱にやかれ、苦しみぬいて死んでいったとしたら。白血病によって若い体を壊され、苦しみぬいて死んでいったとしたら。

 彼女は昨年、テレビドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」に出演し、白血病で死んでゆく女子高校生を演じていた。正直なところドラマで描かれた白血病という病気の姿には、なんだか納得がいかなかった。じつは子供の頃に見た、山口百恵の「赤い疑惑」のころから、ドラマで描かれる白血病という病気についてそう思っていた。俺の父は被爆者ではないが、白血病で死んだ。俺が6歳の頃のことだ。父のが臨終の日、さまざまな管を体に通され、苦悶の表情を浮かべていたことを今も鮮烈に覚えている。父の名を呼ぶとそれでもすこしだけまぶたが動いたことも。

 綾瀬はるかには、前世紀における吉永小百合さんのような女優になってもらいたい。

 NHKで平和巡礼2005コンサートを見ながら書いている。オペラ歌手の佐藤しのぶさんの歌う、ヘンデル作曲の歌劇「リナルド」より「涙の流れるままに」"Lascia ch'io pianga"が流れてきた。世界はこの60年を無意味に過ごしたのだとは思いたくない。

※前にも書いたのだが、8月6日は、俺の誕生日である。

| | コメント (8) | トラックバック (19)

2005.08.05

「インテリジェント・デザイン」を唱える人々

米大統領、進化論に異議 「別の考えも教えよ」

【ワシントン3日共同】

 ブッシュ米大統領が、進化論に異を唱えるキリスト教右派の主張に同意し、公立学校の授業で進化論以外の考えも示すべきだと発言、波紋を広げている。
 大統領は1日に行われたテキサス州の地元紙とのインタビューで、聖書を厳格に解釈するキリスト教右派が熱心に説いている「インテリジェント・デザイン(ID)」に関する見解を聞かれた。
 人間の複雑な細胞の構造は進化論だけでは説明できず、「高度な理知」の手が入ることにより初めて完成するというのがIDの骨格。一部の学者は支持しているが、「科学の衣をまとった信仰だ」との批判が大勢だ。

(共同通信) - 8月4日9時29分更新

---------------------------------

 アメリカでブッシュ大統領の強力な支持基盤でもあるキリスト教原理主義者(根本主義者)たちは進化論をいまも頑なに否定していることで知られている。いまになってエセ科学を学校で教えろと言うとは、やっぱりあのひともその支持者同様、頑固なキリスト教原理主義者なんだろうねぇ。

 「インテリジェント・デザイン」を唱える人々の主張は、キリスト教原理主義者のスタンスとはやや異なっていて、進化論は認めてはいるものの、進化にいたる『最初の一撃』からその後の進化の過程まで、なんらかの意図をもった知性が手を下した」というような主張をしている。彼らの言うところの「なんらかの意図をもった知性」ってのは言うまでもなく「神」のことだが、そうはっきりと言わないところがエセ科学のエセ科学たる所以だろう。

 もっとも、奴(ブッシュ)だけ見てれば、ヒトが猿から進化したというのが信じられないってのも、少しは理解できるかもしれないね。現に奴はちっとも進化しちゃいないようだ。

ずいぶん昔からあるサイトなのだが、あらためてご紹介しよう。
George W. Bush or Chimpanzee

 また「科学」と「エセ科学」の違いについては、この本を読まれることをお勧めしたい。
カール=セーガン「人はなぜエセ科学に騙されるのか」
上下巻 新潮文庫
 (リンクは上巻)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »