« 「科学的思考」と「科学万能主義」 | トップページ | ハリケーン、その爪跡 »

2005.09.02

夏の終わり

 8月最後の日、ようやく休みが取れたので、ドライブがてら岡垣町の波津海岸に行ってきた。
暦の上ではとっくに秋になってるのだが、真昼の波津海岸はむし暑く、日差しもまぶしくてまだ夏の海といった風情だった。でも夕方になるにつれ真夏とは違う涼しい風が吹いてきた。近くの森でツクツクボウシが盛んに鳴いていて、赤とんぼも飛んでいる。

0831umi01

 夏の初めのヒグラシの鳴き声はさわやかで、なんだか心躍るのだが、夏の終わりにツクツクボウシの声をきくのはなぜかとても寂しい。
高校時代はここまでよく泳ぎに来た。海水浴場へ向かうバスの中で、同じ高校の女の子と出くわしたときに、そのコは学校では決して目立たなかった女の子だったんだけれども、そのときはやけにかわいく見えたのを思い出す。要はのぼせあがっていたわけだ。夏生まれの俺には、夏は面白いことが目白押しの季節だった。
 そういえば、大学時代にも、8月31日に友人とクルマでここに来て、海を眺めながら、もうじき夏休みが終わることをさかんに嘆いたことを思い出す。暦にかかわらず、俺にとっちゃ8月31日が夏の終わりという感じがあって、いまでもここへ足を運ばせる。

 今日のNHKの地方ニュースによれば、岡垣町の海岸でウミガメの孵化が無事成功し、赤ちゃんガメは無事に海に帰ったということだ。ニュースで見た映像では、ウミガメの赤ちゃんが一生懸命海へ向かって這っていくうちに、大きな波が来てあっという間に波に飲まれていくのが見えた。

0831umi02

がんばってくれよ、おちびちゃんたち
荒波はつらくとも、天敵につけねらわれようとも
お互い生きていればここで会えるかもしれないね

|

« 「科学的思考」と「科学万能主義」 | トップページ | ハリケーン、その爪跡 »

コメント

夏の終りに感傷的になるのは、祭の終りと同じ感覚でしょうかね。
わしはこの日、友人と鴨川の床でビールをあおって、夏の終りを惜しみました。でも、車を駆って海を観にいくほうがかなりかっこいいなあ・・・(^^)

投稿: 龍3 | 2005.09.03 00:52

こんにちは。
トラックバック、ありがとうございました。

今年の夏は、夏らしい気分に浸る間もなく、貧乏暇なしを絵に描いたような生活でした。
8月31日も。。。。

行く夏に名残を惜しんで、夏への思いを込めたエントリーをトラックバックさせていただきました。

投稿: gegenga | 2005.09.04 16:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/5757297

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

» 涼しくなりました。 [緑の森を楽しく歩いた]
 夕方、久しぶりに自転車でブラブラ走りました。  城南宮です。名神の南インターに [続きを読む]

受信: 2005.09.03 13:46

» 夏が夏だというだけでイベントだった頃の想い出―――『たんぽぽのお酒』 [かめ?]
最近凝っているレイ・ブラッドベリの「少年ファンタジーの永遠の名作」。 と、帯には書かれているのだが、どこがファンタジーだか、よくわからなかったりする。 1928年、ダグラス少年、12歳の夏の物語だ。 この年頃特有の、現実と非現実が境目なく混じり合った夏の日々が....... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 16:48

« 「科学的思考」と「科学万能主義」 | トップページ | ハリケーン、その爪跡 »