« 九州国立博物館を探訪 | トップページ | まわる地球を想像する »

2005.12.12

ドレイクの方程式

 BANYUUさんのブログ「裏・21世紀の歩き方大研究」の「広い宇宙に地球人しか見当らない50の理由、を読んで」というエントリを拝読し、「ドレイクの方程式」のことを思い出した。
 ドレイクの方程式とは、アメリカのフランク・ドレイク博士が1960年代に発表した「宇宙に知的生命体がどれくらい存在するか」を推定する有名な方程式である。

N = R* × fp × ne × fl × fi × fc × L

N 我々の銀河系に現存する地球外文明の数
R* 我々の銀河系で形成される恒星の数
fp 恒星が惑星系を有する確率
ne 1つの恒星系で生命が存在可能な惑星の数
fl 上記の惑星で生命が実際に発生する確率
fi 発生した生命が知的生命体にまで進化しうる確率
fc その知的生命体が星間通信を可能とする文明を獲得する確率
L 星間通信を行うような文明の推定存続期間

 コーネル大学でドレイク博士の同僚だったカール・セーガン博士の「コスモス」を読んでこの方程式を知ったのは、中学生のときだっただろうか。当時は米ソ冷戦のさなかで、核戦争の危機はすぐそこにあるかのようだった。

 情緒的には、文明が自滅せず長続きしていれば、いつか異星の知的生命体とコンタクトすることもあるだろうと思いたい。人類がまだ他の惑星の知的生命体と出会わないのは、まだ地球人類は知的生命としても技術的にも未熟だからなのだと。
 しかし言い換えれば、自滅してしまうような文明は、宇宙にあふれている他の生命と出会う資格はないということでもあるわけだ。いつまでも孤独で、いつまでも同族同士の殺し合いばかりやっている地球人類は、「文明とは、結局自滅していくものだ」ということを実証する無数の例のひとつになりはしないだろうか。このことを考えるといつも慄然とする。

 セーガン博士は、この方程式の「宇宙に存在する文明の多いか少ないかを決定付ける要素は、文明の存続期間(L)である」という点を強調し、核戦争による人類の滅亡を警告する一方で、知的生命体を探す壮大な試みとしてのCETI(のちのSETI)を提唱した。

宇宙人に会いたければ、戦争をやっている場合ではないのである。

|

« 九州国立博物館を探訪 | トップページ | まわる地球を想像する »

コメント

Rough Toneさん、こんばんは。僕のブログへのTBとコメントありがとうございました。
ドレイクの方程式では、N=Lと見る人がたくさんいるようですね。すなわち、通信出来る文明の存続期間が1万年ならば、銀河系に今現在1万個の文明があり、存続期間が1000年ならぱ現在1000個の文明がある、というぐあいです。
1000個ならば隣の文明までの平均距離は数千光年から数万光年になって、文明の存続期間中にコンタクトを取れる確率は極めて小さくなります。
僕は個人的には、文明の存続期間は長くても1000年がいいところだろう、と思っています。

投稿: BANYUU | 2005.12.12 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/7588786

この記事へのトラックバック一覧です: ドレイクの方程式:

» 広い宇宙に地球人しか見当らない50の理由、を読んで [裏・21世紀の歩き方大研究]
今日のブログは、「表」の21世紀エッセイ「時間の岸辺から」と連動して同じテーマに [続きを読む]

受信: 2005.12.12 22:20

« 九州国立博物館を探訪 | トップページ | まわる地球を想像する »