« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.08

「ガウディへの旅」

 俺の部屋には数年前からテレビがない。自室のPCのビデオキャプチャボードとIBMの21型PCモニタをテレビ代わりにしてきた。まあ安物のソフトウウェアエンコードのものなので、PCへの負担も大きいうえに録画品質もよくなかったから、もっぱらテレビとしての役割しか果たしていなかった。もちろん我が家にHDDやDVDのビデオ録画機などというものはない。
 ところが、きのうたまたま立ち寄ったPCショップにて、安価なハードウウェアエンコードのビデオキャプチャボードを見つけたので買ってきてみた。これなら昔録りだめたVHSビデオのライブラリを、DVD化できると思ったからだ。

 夜中にせっせとPCに取り付けて、動作チェックをしてみる。チューナーは地上波用しかついていないが、目的がビデオテープのデジタルキャプチャなので、アンテナはつながず、ビデオデッキの出力から録画品質をチェック。
 昨晩はNHK衛星第2放送で「いちご白書」をやっていた。「日米の学生運動の様子もあまりかわらなかったのだなあ、しかし彼らはベトナム戦争に直面していたし、兵役の問題もあったのが日本の学生との違いだよなあ」などと考えながら、録画品質をチェック。テレビ視聴用に使ってきたPentiumIII 933MHzの旧型PCでも、一見したところあまりコマ落ちはないようなので、まあ及第点としよう。

 今日になって、試しに1989年に録画したあるドキュメンタリーをDVD化することにした。この1989年という年は天安門事件、冷戦の終結、ベルリンの壁崩壊と世界が激動した年であった。日本でも元号が昭和から平成にかわり、美空ひばりや手塚治虫が亡くなるなど、いろいろあった年だった。そのためか、NHKの時事系のドキュメンタリー番組を録画したものが数多く残っている。「天安門 ~ソールズベリーの中国~」「1989年ニュースハイライト」「チャウシェスク政権の崩壊 市民が撮った革命の7日間」。
 当時、俺は法学部の学生だったはずだが、なぜそんなものをたくさん録画していたのかいまや自分でもよくわからない。そえでも当時はなぜか記録しなければならぬという使命感に燃え、せっせと録画していたようだ。

 そのころ録ったテープの中で、この東海テレビ製作「ガウディへの旅」は、NHKの番組でなく、時事関係の番組ですらない、建築家アントニ・ガウディの生涯を追ったドキュメンタリーである。
 ナレーションをつとめる奥田瑛二によるランボーの朗読で、番組ははじまる。バルセロナの歴史と風土、よりよき資本家のあり方を目指した理想主義者グェルとの出会い。コロニアグェル、グエル邸、バトリョ邸、ミラ邸など、バルセロナ各地に残るガウディの建築を巡りながら、ガウディの生涯に迫っている。
 アントニ・ガウディが亡くなったころ、カタローニャは辛く厳しい冬の季節を迎える。人民戦線内閣を武力で打倒したフランコのファランヘ党一統独裁体制は、彼の亡くなる1975年まで続く。フランコの人民戦線への協力者や、政権批判者への弾圧は過酷なものであった。
 その後、スペインは民主化が進展し、1986年にはEC(現在のEU)に加盟も果たした。バルセロナでも、サグラダファミリアの建築が再開され、このドキュメンタリーが制作された3年後には、オリンピックが開かれた。

 このような地方局制作のドキュメンタリーをよくまあ録画していたものと思う。番組の間に挿入されているCMから、おそらく深夜の時間帯に放送されたものと思う。ネットで情報検索してみてもほとんど情報がなかったが、どうやら東海テレビ制作のドキュメンタリーで、平成元年度の日本民間放送連盟賞を受賞した作品らしいことだけはわかった。

 そんなわけで、古いビデオテープを漁っていると、アントニ・ガウディをテーマにしたサントリー・ローヤルのCMも出てきた。ガウディの建築を背景に、奇妙なクリーチャーがいろいろ出てくるなんとも不思議なCMである。

Gaudi_3

このシリーズはほかにランボー編、ファーブル編というものもあり、マーク・ゴールデンバーグの音楽も非常に知的で文学的な雰囲気を醸し出していて、すごく好きだった。数年前、とあるブログの紹介からランボー編とともにこのガウディ編の動画を入手してはいたのだが、画質には満足できるものではなかったので、こちらもキャプチャしてみた。
 しばらくこちらに置いておきますので、よろしければどうぞ(ただしエンコードはMPEG1です)。もうすぐインターリンクとの契約が切れちゃうので、期間限定です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »