« 2006年6月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.07.14

マルセイユの英雄に何が起こったのか

 ここ数日、ずっとジダンのことを考えている。ピッチを去っていく彼の背中が忘れられない。あの慎み深い彼をあのような行為に駆り立てたものは、いったいなんだったのだろう。家族について口汚く罵られたのが原因だというが、実際のところはまだよくわからない。おれ自身、子どもの頃家庭環境を揶揄され、たまらず相手をぶん殴ったりした経験もある。(無論、事態はさらに悪いほうへ進んでしまったが)。だから、彼の心の痛みは少しはわかるような気がする。決して暴力は容認するつもりはないが、マテラッツィの差別的発言が事実なら、彼にもペナルティが課せられてしかるべきだろうと思う。

 今回のワールドカップでは、試合前に各チームの主将が「私たちはあらゆる人種差別に反対します」とメッセージを読み上げていたが、そのワールドカップの決勝の舞台にすら、民族差別の影を見ることになったのは残念なかぎりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年12月 »