« 「四日間の奇蹟」 ~角島へ~ | トップページ | アラビアのロレンス »

2006.07.14

マルセイユの英雄に何が起こったのか

 ここ数日、ずっとジダンのことを考えている。ピッチを去っていく彼の背中が忘れられない。あの慎み深い彼をあのような行為に駆り立てたものは、いったいなんだったのだろう。家族について口汚く罵られたのが原因だというが、実際のところはまだよくわからない。おれ自身、子どもの頃家庭環境を揶揄され、たまらず相手をぶん殴ったりした経験もある。(無論、事態はさらに悪いほうへ進んでしまったが)。だから、彼の心の痛みは少しはわかるような気がする。決して暴力は容認するつもりはないが、マテラッツィの差別的発言が事実なら、彼にもペナルティが課せられてしかるべきだろうと思う。

 今回のワールドカップでは、試合前に各チームの主将が「私たちはあらゆる人種差別に反対します」とメッセージを読み上げていたが、そのワールドカップの決勝の舞台にすら、民族差別の影を見ることになったのは残念なかぎりだ。

|

« 「四日間の奇蹟」 ~角島へ~ | トップページ | アラビアのロレンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19737/10930814

この記事へのトラックバック一覧です: マルセイユの英雄に何が起こったのか :

» ジダン選手に何が起こったのか [S氏の時事問題 ]
母や姉への侮辱が原因 ジダン選手がテレビで説明  【パリ12日共同】サッカーのワールドカップ(W杯)決勝で退場処分を受けたフランスのジダン選手は12日、フランスのテレビ、カナル・プリュスのインタビューに応じ、自分の母親と姉についてイタリアのマテラッツィ選手が「非常に激しい言葉で何度も」侮辱したのが暴力行為の原因だと述べた。  ジダン選手は、具体的に何を言われたのかについては「母と姉に関する非常に個人的なことだし、それに非常に... [続きを読む]

受信: 2006.07.14 10:42

» 絵ロ具。「差別主義者の卑怯性」 [低気温のエクスタシーbyはなゆー]
☆差別主義者の卑怯性(絵ロ具。) http://ameblo.jp/dox/entry-10014658681.html http://asyura2.com/0601/bd45/msg/186.html 日本でも、民族的差別をする人間にこういった卑怯な態度をよく見かける。 相手に差別的な発言を投げかけて、「これは差別語じゃありませんよ..... [続きを読む]

受信: 2006.07.14 11:23

» ジダンの会見 [王様の耳はロバの耳]
ジダン「核心」に触れず、FIFAが退場劇を調査へ (読売新聞) - goo ニュース サッカーワールドカップの決勝戦 伊対仏 同点だ それもあと10分足らずで決まろうとする際 ジタンが伊のマセラッツィに頭突きを入れレッドカードによる一発退場 マセラティが「罵声」を浴びせた事が元の様だ 日本時間で13日早朝ジタンがTVで会見をした様子を日本のTVで流しラジオでも話題にしてスポーツ評論家他ゲストが奇麗事を語っていた {/h... [続きを読む]

受信: 2006.07.14 11:52

» 許すぞジダン----やっぱりキミはフランスの英雄 [とりあえず ]
 私が許したからどうなるものでもないが、とりあえず許すぞ、といっておこう。  ジダンは以前から好きだ。フランス代表が国歌を歌わないどころか知らない、という話でジダンは本当に笑わせてくれた。  もちろんプレーで我々を感激させてくれたことはここで語るまでもない。  そこに今回の頭突き事件が起こり、今までのジダンの輝かしい経歴とワールドカップの決勝それも本人の引退試合に泥を塗ったような印象があった。何もかもぶちこわしおって・・・。 しかし、イタリアのマテラッツィ選手の発言内容がかなり不穏当なもの... [続きを読む]

受信: 2006.07.14 20:03

« 「四日間の奇蹟」 ~角島へ~ | トップページ | アラビアのロレンス »