2005.08.06

涙の流れるままに

 今日は広島慰霊の日。毎年、平和祈念式典の中継を見ながら、これまで本で読み、学校の平和教育や、学生時代に広島や長崎で見聞きしたことをもとに、原爆の惨状を想像する。だが、現実のそれを知ることはできない。
 だが、もどかしくとも、想像することをやめるわけにはいかない。戦争も原子爆弾の惨禍も、現代へとひとつづきの世界の歴史の中でおきたことなのだ。はるか古代の大災害のような、風化した記憶にしてはならない。

 秋葉・広島市長の平和宣言は素晴らしかった。人類は核兵器について相変わらず懲りていないように見えるけれども、格調高いこの宣言を聞けば、まだなんとかなりそうな気がしてくる。毎年この式典を厳粛に受け止めることで、日本人としてなんとか歴史に向き合うことができる。

 しかし、わが国の首相のあいさつは例年のごとく、中身のまったくない虚ろなものだった。この男が喋り始めると、怒りのあまりテレビのチャンネルを思わず変えたくなってしまうのも例年どおりである。
 唯一の被爆国の首相がこの式典に来ないとなると批判を浴びるからいやいやながら来るのだろうけれども、こんなにブザマな挨拶をするくらいなら、官房長官かなにかに代わってもらえばよい。60年たった今も原爆症に苦しみ、高齢にもかかわらず式典に参加する多くの被爆者の感情を逆撫でするよりましだ。

 そういえば、昨夜の原爆についての筑紫哲也の番組には、綾瀬はるかが出演していた。きれいな女優さんだ。広島出身で、祖母の姉は被爆して亡くなったという。話を聞く彼女の眼はとても真摯に見えた。

 ポカリスエットのCMで見る綾瀬はるかは輝くように美しい。あの若くきれいな体が、一瞬にしてひとつの肉片にかわったとしたらどうだろう。あるいは、あの日に死ななかったとしても、灼熱にやかれ、苦しみぬいて死んでいったとしたら。白血病によって若い体を壊され、苦しみぬいて死んでいったとしたら。

 彼女は昨年、テレビドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」に出演し、白血病で死んでゆく女子高校生を演じていた。正直なところドラマで描かれた白血病という病気の姿には、なんだか納得がいかなかった。じつは子供の頃に見た、山口百恵の「赤い疑惑」のころから、ドラマで描かれる白血病という病気についてそう思っていた。俺の父は被爆者ではないが、白血病で死んだ。俺が6歳の頃のことだ。父のが臨終の日、さまざまな管を体に通され、苦悶の表情を浮かべていたことを今も鮮烈に覚えている。父の名を呼ぶとそれでもすこしだけまぶたが動いたことも。

 綾瀬はるかには、前世紀における吉永小百合さんのような女優になってもらいたい。

 NHKで平和巡礼2005コンサートを見ながら書いている。オペラ歌手の佐藤しのぶさんの歌う、ヘンデル作曲の歌劇「リナルド」より「涙の流れるままに」"Lascia ch'io pianga"が流れてきた。世界はこの60年を無意味に過ごしたのだとは思いたくない。

※前にも書いたのだが、8月6日は、俺の誕生日である。

| | コメント (8) | トラックバック (19)

2004.03.22

アフリカのいかりや長介

 いかりや長介さんは、アフリカが好きで何度も旅行していたらしい。もうずっと以前の子どもの頃、その旅に密着した番組を見たことがある。マサイ族の村かなにかで、ヤギの乳にヤギの血を混ぜた飲み物を出されていた。いかりやさんがそれを飲み干したかどうかは覚えていないが。子ども心にもいかりやという人の人間性に触れた気がした。当時ドリフの番組は俗悪だなどといろいろと言われていたが、この人はやはりいい人なのだと思った。

 心よりご冥福をお祈り申し上げる。

| | コメント (2) | トラックバック (2)