2007.01.01

今年のぼくにできること

未来は輝かしくあってほしい
きみは笑うかもしれないけれど
ぼくはまだ間に合うと思ってる

ひとりでも多くの人が
家族や友人と笑いあい
愛する人と結ばれる世界

未来は輝かしくあってほしい
不信と飢餓と憎悪の世界から
信頼と満足と友愛の世界へ

硝煙におう戦場に、街角に
おびただしい血が流れ
怒りが各々を遠ざけ
理解できずに憎みあい、
多くの涙が流れた時代

そんなものは遠い過去となり
人類の揺籃期だったと
歴史家は、結論づけるのだ

きみに未来を語りたい
かわり得る世界を語りたい
かわり得るぼくたちを語りたい
なにをすべきかを語りたい
なにができるかを語りたい

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006.12.25

ビクターの犬

 おとといの夜、MDを買い込みに近所のTRIALに寄った。そこで発見したのが、VictorブランドのMD10枚パック。韓国製だがSONYやTDKに比べ格安なので買ってきた。
 パッケージを眺めていると、現在のVictorのロゴのまえには、蓄音機のまえで小首をかしげている有名な「ビクターの犬」のマークがついている。そこには小さく英文で"His Master's Voice"と記されている。

「ビクターの犬」のエピソードについては、こちらをご覧ください。
http://www.jvc-victor.co.jp/company/profile/nipper.html

 じつはVictor系CDショップ「HMV」はこの頭文字をとったものだそうだ。

 「ビクターの犬」の置物はうちにもいる。昔のテレビかステレオについてきたものと思うが、何についてきたのかはまったく記憶にない。本体の家電はとうになくなっても、この置物だけはずっと家の飾り棚においてあった。

Hmv_1

 翌日(昨日)の新聞に「松下、ビクターを売却」のニュースが載った。一瞬なにか因縁めいたものを感じたが、VictorのMDが安売りになってたこと自体、この噂がその業界ではとうに知れ渡っていたゆえのことなのだろう。これも世の流れかもしれないが、ちょっと寂しい。
http://www.asahi.com/business/update/1223/004.html
http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/12/23/2150208

 それにしてもこのわんこはかわいいね。俺は犬は大好きなんだけど、中学1年の春から大学卒業までをともに過ごした雑種の雌犬「もも」が死んでから、ほかの犬を飼ったことは残念ながら一度もない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

マルセイユの英雄に何が起こったのか

 ここ数日、ずっとジダンのことを考えている。ピッチを去っていく彼の背中が忘れられない。あの慎み深い彼をあのような行為に駆り立てたものは、いったいなんだったのだろう。家族について口汚く罵られたのが原因だというが、実際のところはまだよくわからない。おれ自身、子どもの頃家庭環境を揶揄され、たまらず相手をぶん殴ったりした経験もある。(無論、事態はさらに悪いほうへ進んでしまったが)。だから、彼の心の痛みは少しはわかるような気がする。決して暴力は容認するつもりはないが、マテラッツィの差別的発言が事実なら、彼にもペナルティが課せられてしかるべきだろうと思う。

 今回のワールドカップでは、試合前に各チームの主将が「私たちはあらゆる人種差別に反対します」とメッセージを読み上げていたが、そのワールドカップの決勝の舞台にすら、民族差別の影を見ることになったのは残念なかぎりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006.01.01

まわる地球を想像する

地球が太陽をひとまわり
そのあいだおれは何を為せるだろう

旅をしたい
ひとと会いたい
美味いものを食いたい
妙なる音楽を
素晴らしい芸術を
味わい深い酒を楽しみたい

子どもたちを
もっと喜ばせたい
大切なひとと語り合いたい

小さな宝箱を大切にしつつ
世の不条理とたたかうことを
わすれたくない

一人静かに部屋にあっても
まわる地球を想像したい


 明けましておめでとうございます。昨年俺はここで「やるべきことをしっかりやれば、きっと今よりよくなるはず。」と書きました。昨年はいいことも起きましたし、悪いことも起きました。毎度のことですが、例によって世界は変わっていくはずだと、たいした根拠もなく確信してます。

みなさん今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005.11.24

秋の山菜定食

 10月のおわりごろ、河内貯水池まで出かけてみた。紅葉はいまいちだったが、空気はひんやりとしてきていて、明らかに夏とは違う秋の風情。その日は、河内貯水池そばで古くから営業している、とある食事処で食事をとった。俺は十代のときからバイクでよくこの貯水池にに来たものだったが、記憶を辿ってみれば、その頃からすでに営業していた老舗のお店だ。年配のご夫婦が経営されていて、静かな雰囲気。

kawachi1

 その日は秋の山菜定食をいただいた。どう、美味しそうでしょ。

kawachi2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェームズ・アンソール展

 阪神のリーグ優勝の記事からおよそ2ヶ月、秋はなにかと忙しくなってきたため、このブログの更新はまったくできていなかった。
 小泉自民党は選挙で大勝するわ、郵政民営化法案は通過するわ、おまけに阪神はロッテに日本シリーズで4連敗するわで、ブログ更新の意欲をなくしたのではないかと思われていたみなさん、ご心配なく。まあある程度落ち込んだのは確かだけどね。

 じつは、個人的には、それなりに秋を楽しんできたつもりだった。これからの数回にわたって、、この秋に出かけていったところについて書いてみようと思う。

 まだ暑かった9月はじめ、北九州市立美術館に「ジェームズ・アンソール展」を見に行ってきた。

kam

「丘の上の双眼鏡」と呼ばれている建物は、磯崎新氏設計によるもの。左右の鏡筒にあたる部分がギャラリー。じつはここは年中行ってるようなものなんだが・・・。

ensor

 ジェームズ・アンソール(1860-1949)はベルギーの画家で、仮面や骸骨、あるいはグロテスクなクリーチャーが出てくる作品で知られる。美術誌でみたこの「仮面と死神」には非常に惹かれるものがあり、一度は見たいと思っていた。「あまりにも個性的でありジャンルを特定できない」といわれるその画風は非常に興味深いものがある。彼はあの「北斎漫画」を模写した「シノワズリー」という作品を残しており、そのうちのいくらかを見ることができた。彼も世紀末の画家らしく、ジャポニズムの洗礼を受けたのだろうが、「シノワズリー」というタイトルからみると、アンソールは北斎を中国の画家だと思っていたようだね。

 この美術館の本館と新館「アネックス」とをつなぐ回廊の突き当たりに、独特の空間がある。ルネサンスとモダン建築の融合という感じ。個性的な休憩所だ。

annex2

annex1

 美術館ががすいてるときなど、よく誰かがここで本を読んでいたりする。奥にある四角い大理石の塊のようなオブジェは、なんと自動販売機を隠すためのもの。ここの「6連椅子」の向かって右から3つめの椅子が俺のお気に入りで(笑)、空調も適度に効いているから、ここでコーヒーを買って、しばしの休息を楽しむのが幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2005.09.16

久しぶりに、タイガースについて書く

 久しぶりに阪神タイガースのことを書こう。今年は2年ぶりにまた優勝してもいいのかな?・・・と、長年のファンとしては、あくまでも控えめにそう思っている今日このごろだ。

kosien3

 最近このブログでは、このひいきの球団のことについて書くことがほとんどなくなってしまっていたのだが、とあるサイトで面白い分析をみつけたので、それについて思うところを書こうと思う。

「18年前の1985年に阪神タイガースは驚異的な快進撃で優勝し日本シリーズを制覇した。この年臨時教育審議会の第1次答申が出され、日航ジャンボ機が墜落して520人が死亡し、コロンビア火山の大噴火で25000人が死亡した。2003年阪神の優勝は動かしがたいが、イラク戦争にともなう有事法制・特措法によって日本が大きく戦争国家へと転換する年となった。阪神が優勝する年はよくないことが起こっているのだ。つまり大衆の不満と怨念が極限に達して噴出するときに、そのトラウマを吸収し爆発する形で阪神はブッチキリで優勝するのである。さらに地球の温暖化が気候変動を誘発し天変地異が起きる年に阪神は優勝している。時代の心情を最も激しくストレートに突きつけるのが関西人であり、阪神は革命の根拠地である関西地方を象徴する時代の変革期を予告する球団なのである。」

名古屋市立大で地域経済論を教えておられる荒木國臣先生のサイト
「荒木 國臣のページ」より。

kosien2

 このサイトは、興味深い観点から映画や芸術の批評がなされているので、俺自身幾度となく訪れていたサイトだ。しかし今回この記事を発見したのは、さわやか革命さんの「ひねくれ者と呼んでくれ」というブログを読んでいたところ、このサイトのまったく別の箇所の記事へのリンクが張ってあった記事があり、リンク先を参照しにいったことに始まる。しかし阪神ファンの性で、リンク先の記事とはまったく別の箇所にある「阪神タイガース」という言葉に反応してしまったわけだ。まったくもってトホホである・・・。

 この記事は、読めばわかるように、2年前の2003年、阪神が18年ぶりのセントラル・リーグ優勝目前であったころに書かれたものだ。

「ところが今次阪神の優勝はいままでの循環型発展周期を攪乱する時代の混迷期にある点が従来の法則と大きく食い違っている。この平成大不況の出口は全く見えず、最悪の場合は循環そのものが否定される恐慌期に瀕しているという説もある。不況の次には過剰生産が廃棄されてふたたび好況期が来るという図式が崩壊しているのではないかという深刻な危機にあるからだ。ということは、いままで1度の優勝で力を使い果たして次の年は最下位に転落してきた阪神球団という図式も崩壊しつつあると云うことだ。結論的には阪神球団の優勝は単年度ではなく、しばらく続くかAクラスという状態に変化することが、かなりの確率で予測される。これは阪神フアンにとっては歓喜の極大化であるが、日本全体にとっては致命的なプロ野球の存続に係わる事態だということになる。」

 おもしろい分析だ。今年もいろいろ事故による大惨事や内外での天変地異もあった。「阪神が優勝する年はよくないことが起こっている」というのは、まったくのまちがいでもなさそうだ。また球界の現在の状況などは、不思議なくらい予測があたっていて、一般大衆に対してもなんだか説得力がありそうにさえ思える。

「阪神が優勝する年はよくないことが起こっている」なんてことをこのブログで書くと、まるでエセ科学か非合理主義に転落したような気がして、多少後ろめたい気もしているのだが、いちお唯物的あるいは科学的批判精神をかなぐり捨てたつもりはないので念のため・・・。

 このエッセイを書かれた荒木先生は、2003年9月17日の朝日新聞夕刊に掲載された、阪神タイガースという球団をニーチェ的に分析した記事を批評して、以下のように書いておられる。俺自身はその記事を読んでいないので、批評対象としているそのもの記事についてはよくわからないが。

「ニーチェの積極型ニヒリズムはファッシズムの思想的根拠を提供しナチズムの悪夢を招いた。阪神もファッシズムを準備する危険性があるということになるぞ。実際の阪神は反権力であり民衆の権化だから、やはり宮原氏の阪神=ニーチェ論は間違いなのだ。」

 ううむ。阪神ファンとして、またできるなら常に反権威の立場に立っていたい者として、この反論はとても心強いが、一抹の不安もある。九州から幾度となく馳せ参じた甲子園球場で感涙に咽び、あるいは2年前の福岡ドーム(当時)で負けヤケクソな気分になって「六甲おろし」を歌っていたときの、俺自身の心理状態について思い返すと、疑いのないものと確信していた俺自身の思想的立脚点すら見失ってしまいそうな、そんな不安に駆られてしまう。

 この度の選挙の結果は、この国にファシズムの到来を予感させるに十分だった。自分が阪神タイガースファンであることを自覚している身としては、ここではたと考え込んでしまう。
 以前書いたこんな記事に、 こちらからトラックバックしたpfaelzerweinさんという方から「「試合を応援するときの高揚」と「苦痛から解放されたよろこび」に共通点が無いだろうかと思い当たりました。」というコメントをいただいたことを思い出し慄然とした。

kosien

 はたして俺にタイガースを熱狂的に応援させるのは、小泉自民党に喜んで投票するある種の人々と同様の刹那的な動機なのだろうか、それとも、へそまがり的で反権力な志向のなせるわざか。自分自身は後者であると信じていたいのだが、ひょっとすると俺のなかにも、なにやら不気味なニヒリズムが蠢いているのだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005.09.13

奴のネタは、尽きかけている

 総選挙の結果は恐ろしいほどの自民党大勝に終わった。広告代理店と結託した愚民化政策が功を奏したのか? 小泉劇場? 刺客作戦の勝利? 結局、民主党は大敗し、政権交代など遠い彼方に去ったかのようである。共産、社民の護憲勢力も党勢を大きく伸ばすことはできなかった。

 選挙の結果への絶望感から、昨日は疲れていてブログなどまったく書く気にならなかった。今朝になってもしばらく新聞もテレビのニュースも見たくなかった。

 残念だが、郵政民営化は絶対安定多数の力でゴリ押しされそうだ。小泉首相は、自らの政策の失敗を「『改革』が進まないのは抵抗勢力のせい」と言って責任転嫁してきた。しかしもはやそのようなことは言えまい。小泉首相に抵抗勢力など存在しなくなった。与党内にはもはやイエスマン&信者のマドンナばかり。奴は脇役のいない小泉劇場の舞台に、たったひとり主役として立っているのだ。

 しかし、仕事に出て、学生や生徒たちの顔をみていると、すこしは元気も出てきた。一日たって、なんとか冷静にもなれた。楽天的に過ぎると謗られるかもしれないが、俺はこの国の人々すべてがこんな浅薄な政治家に騙されるとことはないと信じている。彼に試しに望みの力をとりあえず与えただけなのだと思うことにする。

 自民党総裁の任期切れを迎える1年後に退陣すると言うが、彼がこの国をどこに導こうとするのかじっくり見せてもらおうではないか。そのうち小泉首相の目指すものが誰の目にも露わになるだろう。なあに、その時こそ奴に引導を渡せばよいのだ。この国に民主主義が生きているならそれくらいはできるはずだ。拉致問題、郵政民営化、刺客。これまで奴を救ってきた手品のネタはそろそろ尽きかけているのだから。いずれこの国の歴史が奴にふさわしい評価を下すだろう。

 小泉さんよ、この選挙が郵政だけを争点とした選挙だったのなら、郵政のへっぽこ民営化を済ませたら、とっとと衆議院を解散するのがスジだぜ。

 ナチスと闘ったイギリスの宰相ウィンストン・チャーチルは、かつてこう言った。

「現在我々は悪い時期を通過している。事態は良くなるまでに、恐らく現在より悪くなるだろう。しかし我々が忍耐し、我慢しさえすれば、やがて良くなる事を私は決して疑わない。」

 また作家ロマン=ロランは、希望について、つぎのように言っている。

「人は望む通りのことが出来るものではない。望む、生きる、それは別々だ。くよくよするもんじゃない。肝心な事は、望んだり生きたりすることに飽きない事だ。」

世界傑作格言集
ここから引用させていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (19)

2005.09.02

夏の終わり

 8月最後の日、ようやく休みが取れたので、ドライブがてら岡垣町の波津海岸に行ってきた。
暦の上ではとっくに秋になってるのだが、真昼の波津海岸はむし暑く、日差しもまぶしくてまだ夏の海といった風情だった。でも夕方になるにつれ真夏とは違う涼しい風が吹いてきた。近くの森でツクツクボウシが盛んに鳴いていて、赤とんぼも飛んでいる。

0831umi01

 夏の初めのヒグラシの鳴き声はさわやかで、なんだか心躍るのだが、夏の終わりにツクツクボウシの声をきくのはなぜかとても寂しい。
高校時代はここまでよく泳ぎに来た。海水浴場へ向かうバスの中で、同じ高校の女の子と出くわしたときに、そのコは学校では決して目立たなかった女の子だったんだけれども、そのときはやけにかわいく見えたのを思い出す。要はのぼせあがっていたわけだ。夏生まれの俺には、夏は面白いことが目白押しの季節だった。
 そういえば、大学時代にも、8月31日に友人とクルマでここに来て、海を眺めながら、もうじき夏休みが終わることをさかんに嘆いたことを思い出す。暦にかかわらず、俺にとっちゃ8月31日が夏の終わりという感じがあって、いまでもここへ足を運ばせる。

 今日のNHKの地方ニュースによれば、岡垣町の海岸でウミガメの孵化が無事成功し、赤ちゃんガメは無事に海に帰ったということだ。ニュースで見た映像では、ウミガメの赤ちゃんが一生懸命海へ向かって這っていくうちに、大きな波が来てあっという間に波に飲まれていくのが見えた。

0831umi02

がんばってくれよ、おちびちゃんたち
荒波はつらくとも、天敵につけねらわれようとも
お互い生きていればここで会えるかもしれないね

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.08.16

終戦記念日に

 この国を悲劇へと導いた愚かな指導者への恩赦がはじまっている。東京裁判を全面否定し、60年前に終わった戦争を「仕方がなかった」あるいは「大義があった」として合理化しようとする立場だ。彼らの亡霊は、あきらかに息を吹き返しつつある。それを必要とする人々の手によって。

 一世紀も前に、フランスの作家ロマン・ロランは、その小説「ジャン・クリストフ」の中で、普仏戦争後のフランスに渦巻いていたドイツへの報復への怨念について次のように書いている。

「あらゆる国民の歴史のあらゆる時代になされたことのある類似の犯罪行為の実例をもち出すことによってドイツのばあいを弁護しようとはクリストフは考えなかった。言いわけをすることがかえって恥であるような、そんな言いわけを見つけ出そうとするにはクリストフの自尊心はあまりにも大きかった。人間性が成長するにつれて人間の犯罪はますます醜悪の観を呈する。なぜなら、それらの犯罪はますます多くの啓蒙的な光に照明されるのだから。-----
 -----このことを、クリストフは知っていた。しかし彼はまた、次のことも知っていた-----もしもフランスのほうが戦勝者だったとしたら、勝利者としてのフランスの処置はドイツがした以上に穏和なものでもあるまいということ、そして、犯罪的行為の因果の連鎖へまた一つ新しい輪がつけ加えられるだろうということを。こんなにして悲劇的な争いが果てしなくつづくことになり、ヨーロッパ文明の持つ最良のものがそのために滅びる危険がある。」
--------ロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」片山敏彦・訳--------

 クリストフの時代から一世紀、クリストフの危惧は二度も現実のものとなった。第一次世界大戦とヴェルサイユ体制。イギリス、フランスの過酷な要求はドイツ国民を疲弊させ、ナチスの台頭を許した。二つの世界大戦と、それに伴う無数の犯罪行為は、彼の知るそれをはるかに凌ぐものとなってしまった。21世紀の現在なら「ヨーロッパ文明の持つ最良のものがそのために滅びる危険がある。」という箇所の、「ヨーロッパ」を「アジア」あるいは「世界」に置きかえることも可能だろうか。

 しかしヨーロッパは今、ようやく数世紀にわたる戦争の時代から解放されつつある。少なくとも独仏は、かつての数世紀にわたる憎悪を再びたぎらせるようなことはないかのようにさえ感じられる。
 翻ってこの日本を含む東アジアはアジアはどうであろうか、過去への反省をまともにおこなわないこの国では、「東アジア共同体」の夢を語ることさえ一部の勢力に嘲笑されかねない状況だ。

 そんなことを考えた俺の終戦記念日は、NHKのジョン=レノンの特集番組を見終えたところで短い休暇とともに終わった。明日から再び仕事に戻るので、もう寝なければならないのだが。

| | コメント (6) | トラックバック (17)

より以前の記事一覧